大家族フォーサイス劇場
forsyth.exblog.jp

いつもにぎやかで楽しい、フォーサイス家の一日をご覧下さい
海外留学のことなら












このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
// JavaScript Document
カテゴリ
全体
フォーサイス劇場
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 05月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
「フォーサイス家タイムズ」アリくんとオリトのアルバイト
ダディのいないオフイスのお仕事はいっぱいあって、マミーは泣きたくなりました。

疲れきったマミーを見て、アリくんとトントンがオフイスの仕事を手伝いに来てくれました。トイレそうじと全部屋の掃除機かけをいやな顔もせず二人はやってくれました。

d0105530_19261336.jpg

その上アリくんは英会話学校のチラシをマミーには何も言わず本通に配りに行ったのです。「みんな急がしそうで、3時間 配っても受取ってくれたのは少しだけだったとアリくんはさみしそうに帰って来ました。マミーを助けようとする、その気持ちがとてもうれしいのよ。ありがとうね。
[PR]
by opmforsyth | 2005-12-29 06:00 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」保育園のクリスマス ページェント
今日は、ビーバンとアオちゃんとウリュちゃんの通う幼稚園でクリスマスページェントがありました。ウリュちゃんは赤ちゃんなので出演しませんでしたが、アオちゃんは合唱隊の一員になり、「おー星が光る、ピカピカ、らーくだが歩く、カポカポ」と可愛く歌ってくれました。ビーバンは、3人の博士の1人になって、冠とマントがとても似合っていました。みんな上手にページェントをやりました。保育園からたくさんのクリスマスプレゼントをもらいました。
                ウサギ小屋の前で

d0105530_1781266.jpg

[PR]
by opmforsyth | 2005-12-23 14:51 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」雪やこんこん!
d0105530_17545554.jpg



今朝、外を見ると、大雪でした。
アリくんが、「外に雪遊びしに行こうかな。」と言ったら、ウリュちゃんがすぐにジャケットを引っぱって来ました。最近のウリュちゃんの行動力には目をみはるばかりです。それをまねて、あっという間に子供たちは全員、ジャケット、帽子、手袋、長靴の用意をして、家の中からいなくなりました。
d0105530_17555371.jpg


最後に、イオリ姉ちゃんがデジカメを手に、玄関を出て行きました。




d0105530_17552317.jpg

[PR]
by opmforsyth | 2005-12-18 14:57 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」今日はダディとマミーの結婚記念日でした!!!
今日は、なんとダディとマミーの結婚記念日でした。1988年の12月17日、オーストラリアのメルボルン郊外にある古い教会でダディとマミーは結婚式を挙げました。
            結婚式1988年12月17日

d0105530_17481753.jpg


d0105530_17434245.jpg


ダディの両親は、クイーンズランド州のブリスベンから長距離バスに乗って駆けつけてくれました。マミーの両親は、日本から飛行機に乗って、メルボルンまで来てくれました。

結婚式の当日は、オーストラリアでも記録的に暑かった日で、ダディもマミーもブライドメイドも大汗をかいたのですが、なんと、留袖姿のマミーのお母さんは、汗をかかなかったのです!みんなそれを不思議がっていました。「日本の女は着物を着たら汗をかくわけにはいかん。」とマミーのお母さんは言っていました。


今日、会社で、「今日は、結婚記念日なんよ。」とスタッフのみなみちゃんに言ったら、写真を撮ってくれました。
            結婚記念日2005年12月17日

[PR]
by opmforsyth | 2005-12-17 13:58 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」ダディのお父さん
10年前に亡くなってしまった、ダディのお父さん(オーストラリア人)は、今から60年前、進駐軍として広島を何度も訪れていました。マミーがオーストラリアでダディのお父さんに始めて会ったとき、マミーが広島出身だと知ると、びっくりしていました。そして、現代の広島の街の写真を見せたら、とても喜んでくれました。

ダディのお父さんが亡くなった直後、ダディは、広島国際会議場の中の図書館で戦後の広島という写真集をめくっていました。お父さんが見た広島を写真集で確かめたかったのです。そして、何の偶然か、奇跡か、写真集の中にお父さんの姿を発見したのです。

古い写真ではあるけれど、それは確かにダディにそっくりな、正真正銘、フランク・フォーサイスの姿です。

d0105530_19295268.jpg

腕を組んで、お菓子をもらう子供を見ているのが、ダディのお父さんです。

このとき、ダディのお父さんは20歳でした。将来、自分の息子がこの地、広島に住むようになるだなんて夢にも思わなかったでしょうね。
[PR]
by opmforsyth | 2005-12-14 15:01 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」マミーに協力した1日でした
今日、12月4日は、平和公園の国際会議場で「国際交流・協力の日」というイベントが開催されました。マミーは、国際会議場の中のランの部屋で 「広島発ー海外の教壇の模擬体験」というタイトルで、オーストラリアの小学校での日本語教育の現場を再現しました。子供達がみんなで、マミーのためにオーストラリア人の小学生になりきってくれて、マミーは本当に良い授業を再現することができました。
d0105530_19303690.jpg

子供達、ありがとうね。8人、子供を生んでよかったなと、今日は心の底から思いました。8人もいるから、上手にサクラになりきってくれたのよね。

うれしかったので、記念写真も撮りました。みんなのネクタイは、マミーのお母さんが作ってくれました。ネクタイの柄は、先祖がスコットランド出身のダディの家紋でもある、タータンチェックです。

d0105530_19305222.jpg

[PR]
by opmforsyth | 2005-12-04 15:02 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」イオリ姉ちゃんが帰って来た!!!
クリスマス休暇でイオリがオーストラリアから帰って来ました。弟達は大騒ぎ。夜の8時、ダディが広島空港まで迎えに行きました。
イオリちゃんの顔のニキビはすっかりなくなり、大人らしくなりました。

イオリが一番可愛がっていたウリュちゃんは、、、、、、
初めはイオリ姉ちゃんの顔をじっと見つめているだけでしたが5分もすると、姉ちゃんのヒザに行きました。覚えていたみたい。

お帰りなさい イオリ!
            イオリ姉ちゃんとウリュちゃん

d0105530_17532682.jpg

[PR]
by opmforsyth | 2005-12-04 06:03 | フォーサイス劇場 | Comments(0)
「フォーサイス家タイムズ」イオリが日本に帰ってくる日
最近のフォーサイス家の話題は、イオリ姉ちゃんのことばかりです。イオリちゃんは、4月にオーストラリアに行ってしまいました。

イオリちゃんは8人兄弟の唯一の女の子で、彼女は小さい弟達を事の他、可愛がっていました。だから、弟達はイオリお姉ちゃんが大好きで、クリスマスの前になったら、帰って来るというイオリの言葉を信じ、ひたすら、待ちました。サンタクロースよりもイオリを待っている弟達の姿を見たら、イオリも幸せいっぱいになるでしょう。

イオリは12月3日に帰ってきます。マミーもダディーももちろん、イオリを待っています!

思い起こせばイオリは私たちの始めての子供で、これでもか、というほど可愛がりました。でも、イオリは何にも覚えていない。イオリは2歳まで、両親の愛情を一人占めしていたのです。
             生後3ヶ月のイオリちゃん

d0105530_19322061.jpg
今や、7人の弟を持つ、白雪姫のようなイオリちゃん、どんな感じに成長したのでしょうか。楽しみです。弟達は、イオリ姉ちゃんの帰還を待ちきれない様子です。
[PR]
by opmforsyth | 2005-12-01 15:05 | フォーサイス劇場 | Comments(2)