大家族フォーサイス劇場
forsyth.exblog.jp

いつもにぎやかで楽しい、フォーサイス家の一日をご覧下さい
海外留学のことなら












このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
// JavaScript Document
カテゴリ
全体
フォーサイス劇場
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 05月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
永之介の今
フォーサイス家の4男 永之介、 エイ君は今、サンシャインコーストのホストファミリーの家で暮らしています。
テレビの中でもあったけど、エイ君は、オーストラリアで暮らすことにはとっても不安を感じていました。右京の励ましでやっと決心できて、そして、渡豪しました。

日本では、エイ君は思春期の真っ只中で、彼は、喘いでいました。不安定な日が続いていました。ダディは「オーストラリアに行かせよう、オレの国なんだから。あそこは、ストレスというものがない。」と言いましたが、エイ君を手放したくなかったマミー自身がなかなか決心がつかなかったのです。他の兄弟達は自分から「オーストラリアに行かせて」って言ったから、行かせた、可愛いエイ君がいなくなったら、どんなにさみしいだろう、なんて、ぐずぐずしていたのは、マミーでした。

ある日、有間と織人と右京がマミーに「オレ達、永之介はオーストラリアに行く方が良いと思う。」と3人全員がダディの意見に賛成だと、言ってきました。右京がエイ君を励ます役を買って出ました。
ダディとマミーは11月にエイ君をサンシャインコーストに連れて行きました。とっても話のわかる、素晴らしいホストファミリーに出会うことができ、自分の子供として面倒をしっかり見る、と約束してくれました。毎週、ホストマザーとホストシスター(16歳)がフェイスブックで近況を教えてくれます。
エイ君の表情がだんだんかわっていきました。
d0105530_20473896.jpg

d0105530_2048119.jpg
d0105530_20482441.jpg


先日、マミーはエイ君に電話をしました。
「エイ君、友達いるの?」
「たくさんいて、数え切れん。」
「何語でしゃべるん?」
「英語よ。オレ、日本語しゃべるのが難しい。」そういえば、変にゆっくりしたしゃべり方です。
「もう、日本に帰りたくないんじゃない?」
「オレ、ちょっとだけ帰って、クラスのみんなに、オレの英語聞かせてやりたい!」

自信満々なエイ君のしゃべり方を聞いて、マミーは本当に嬉しくて泣いてしまいました。これが、あの、暗い顔をして、喘いでいたエイ君かしらと信じられなかった。
エイ君は学校生活が楽しくてたまらないそうです。
もちろん、近くにいる伊織、ボーイフレンドのピーター君、有間がサポートしてくれているから、エイ君も安心なんでしょう。
ああ、たくさん子供 産んどいて良かった、と思う今日 このごろです。
[PR]
by opmforsyth | 2012-02-04 21:06